宣伝会議「コミュニケーションデザイン時代のWebプロジェクトマネジメント講座」

2009年11月19日、宣伝会議にて「コミュニケーションデザイン時代のWebプロジェクトマネジメント講座」を行います。詳細はこちらをご覧ください。

カテゴリー: イベント・セミナー | タグ: , | 1件のコメント

クラウドソーシングに注目!

最近よく届くサービスやセミナーの案内に必ずといっていいほど“クラウド”の文字が入っている。クラウドとは、「クラウドコンピューティング(cloud computing)」を指しているのだが、要はインターネットをクラウド(crowd:雲)に例えたネットワーク・サービスの総称をいう。さらによく聞くキーワード“SaaS”(Software as a Service)もこの中に入る。

個人的に、この“クラウド”というキーワードの中で、一番注目しているのは「クラウドソーシング」だ。クラウドソーシングとは、企業が自社の業務や問題解決をインターネット上の群衆(crowd:クラウド)にアウトソーシングするというもの。インターネット上に散らばる不特定多数の頭脳(あるいは知恵)をプロジェクトの適材適所に配置することでマッチングのズレと無駄なコストを解消しようという狙いがある。

単なるクラウドとの違いは、「不特定多数の知恵の集まり」という部分にあり、インターネットの黎明期に流行った、不特定多数のPC(CPU)を利用して地球外知的生命体の存在を探索するプロジェクト「SETI@home」とは違う。

「不特定多数の知恵の集まり」といえば、ウィキペディア(Wikipedia)が連想されるが、クラウドソーシングの代表的な事例といえるだろう。

とういうことで考えると、別に、“クラウド”も“クラウドソーシング”も目新しい発想ではない。言葉自体は、“Web2.0”や“流行語大賞”のようなもので数年後には陳腐化していくだろう。しかし、「不特定多数の知恵の集まり」で何か新しい価値をつくりあげるというインターネットの特性を利用した取り組みは、永遠に続いていく人類のプロジェクトだといえる。

カテゴリー: 注目のキーワード | タグ: | 4件のコメント