iPadでWebサイトの価値観が変わる?!

パラダイムシフトという言葉がある。【その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することを言う。(Wikipediaより引用)】

iPadを触り始めて4日が経ち、使いたいAPPをほぼダウンロードし、一通り使い方にも慣れてきたころだ。タッチパネルインターフェースは、思いのほか使いやすい。

さて、本題に入ろう。いったい、どこに「パラダイムシフト」を感じたのか?

Apple社 CEO スティーブ・ジョブズが、2010年4月に発表したように、iPhoneに続きiPadのSafariでもFlashプラグインは、実装されていない。今後も実装される予定がない。

ここで一躍、脚光を浴びたのがW3Cが策定している標準技術「HTML5」の「canvas」要素だ。canvasは、FlashやJavaなどのプラグインを使わずに、JavaScriptベースで文字や図形の描画が可能だ。動画に関しても、ブラウザ各社の足並みは揃わないが、HTML5でビデオ・コーデックの標準化を目指している。

スマートフォンとは一線を画すXGA(768×1024ピクセル)の解像度を持つiPadは、タッチパネルの操作性と合間り、PCブラウザを凌ぐ、使いやすさを提供している。

あまりにサクサク動くのでついつい欲が出て、フルFlashサイトや部分的にFlashで作成されているサイトに足を踏み入れる。予想通り、「Flash部分が見えない」つまり、テキストや画像による代替処置が施されていないWebサイトが、異常に多いことに気がつく。

例えば、ユニクロは、コマ落ちのようにFlashで作成された部分が表示されていない。フルFlashのサイトは言うまでもなく、ユーザーの目に触れることもないだろう。

もしかすると今までイケている側にいたサイトが、2010年6月以降、イケてない側に入ったのだ。2010年6月現在、iPadは、世界中で300万台が販売され、今後も類似製品を含め、タブレットPCの市場はますます拡大するだろう。

このパラダイムシフトにとりあえず乗り遅れないようにするには、簡単だ。Flashコンテンツで作成されている箇所に対して、代替処置を施すこと。まずは、より多くのユーザーにアクセシブルな環境を提供することを第一に考えなければならない。

カテゴリー: iPad | タグ: , , | コメントをどうぞ

iPad が届くまで

2010年6月15日、iPhone4の予約申し込みがスタートし、弊社オフィス前のソフトバンク表参道店でも、16時前から200人ぐらいの行列ができていた。個人的には、狭い周波数帯域の3G回線しか使えないiPhoneには全く興味がなく、SIMフリー版発売まで盛り上がり熱は封印しておこうと思っている。

しかし、Web制作でメシを食っている身としては、タッチパネルインターフェースの可能性に、このままフタをしておくわけにはいかない。そこで、遅ばせながら、iPad をApple Storeオンラインで購入した。6月7日時点で、7-10日出荷となっていたので、「すぐにくるだろう。」と思っていたのだが、実際には、休日、配送日を入れると2週間ちょっとかかる。待ちきれなくて、iPadのアクセサリーを揃え、APPも使いそうなものはダウンロードした。到着が伸びれば伸びるほど、要らないものを買ってしまいそうだ。

購入したアクセサリーは以下の通りだ。

次のモデルがでたら乗り換えられるように、とりあえず傷をつけないための保護シートと、作業する際、何かと役に立ちそうなスタンドを購入した。

APPについて、最も注目しているのは、VNC(Virtual Network Computing)ソフトだ。Windows OSを遠隔操作できれば、仕事で十分使える。いくつか、VNCソフトを下記にあげてみたが、実際のユーザーレビューがほとんどなく、設定方法などの詳細は不明なので、iPadが届いたら早速、試してみたいと思う。

  • Jaadu Remote Desktop for Windows by iTeleport
  • DesktopDirect – My Desktops
  • Citrix Receiver
  • iRdesktop by Thinstuff

カテゴリー: iPad | タグ: , | コメントをどうぞ