Webサイト制作プロジェクトの品質管理

前回のコラムで「PDCAサイクル」について少し触れたこともあり、今回は、Web制作のプロジェクトにおいての品質管理について追記しておこうと思います。

そもそもWeb制作のプロジェクトの品質管理の基準は、クライアントの要望やプロジェクトの性質、そのWebサイトを実際に使用するユーザーの特性や環境によって、大きく変わってきます。「なんとなくイイ」とか「なんとなくダメ」というあいまいな価値基準で品質をはかるのではなく、それぞれのプロジェクトに即した品質管理計画を立てる必要があります。

例えば、ある企業のWebサイトをリニューアルするプロジェクトの場合、まず、その企業内で決められているCI・ロゴやWeb制作に関する品質方針をまとめた「ガイドライン」、Web(WWW)に関する技術の標準化を進めるW3C(World Wide Web Consortium)の「html」や「XML」、「アクセシビリティ」などに関する勧告、工業標準化法に基づいて日本の工業製品の規格を定める JIS(Japan Industrial Standard)の「JIS X 8341-3(アクセシビリティガイドライン)」といった、方針や指針にどこまで準拠する必要があるかを計画しなければなりません。

このほか、PCのスペック、WindowsやMac、UnixなどのOSやサーバーの仕様、Internet ExplorerやFireFox、Safariなどのブラウザの仕様、Flashなどのプラグインやバージョン、JavaScriptなど、利用する環境も想定して品質管理計画を進めていく必要があります。

プロジェクトマネジメント体系の標準といえるPMBOK(Project Management Body of Knowledge)でも「品質は計画により達成されるもの」という考えのもと、プロジェクトの品質を管理・実現するための手順・プロセス・技法について言及しています。
PMBOKでは、品質管理を行うためのプロセスとして「品質計画」「品質保証」「品質管理」の3つを定義しています。
品質計画
品質計画は、プロジェクトで品質を管理する対象が何で、どのように基準を満たすことが求められているか、それをどのように実現するかを計画することを目的としています。
品質保証
品質保証は、品質計画プロセスで作成する品質管理計画に基づいて計画が実施されているか、定期的または非定期(抜き打ち)で確認し、改善に役立てることを目的としています。
品質管理
品質管理は、プロジェクトの成果物や各プロセスが、品質管理計画どおりの品質を確保できているかを監視し、適合していない場合はその原因および改善方法を特定することを目的としています。

※この記事は2008年9月~ All About Profile に掲載していたものを移設しています。
cCopyright 2009 xyz corporation. All Rights Reserved.

カテゴリー: Web制作   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>