最新ブラウザのシェアと「HTML5 + CSS3」

2012年4月のブラウザのシェアがNet Applicationsから発表された。
デスクトップPCのブラウザシェアは下記グラフの通りで、Internet Explorerに関しては、HTML5 + CSS3に対応していないブラウザ(IE6~8)は分けて表示している。
ブラウザのシェア2012年4月
現時点で HTML5 + CSS3 で実装した場合、デスクトップPCから閲覧しているユーザの約60%をサポートすることができる。ブラウザによって実装の差異があるため、すべての HTML5 + CSS3 の機能が使えるわけではないが、急激に環境が整ってきているといえるのではないだろうか。

一方、スマートフォンとタブレットPCのブラウザのシェアは以下の通りだ。こちらは、HTML5 + CSS3 に約96%以上が対応していることになるので、迷わず新しい技術を選択することができる。
スマートフォンとタブレットPCのブラウザのシェア
デスクトップPCでHTML5 + CSS3に対応していないブラウザの内訳だが、IE8が26.2%、IE7が4.8%、IE6が7.1%となる。Windos8の登場やWindows7でIE8を使用しているユーザがIE9にシフトすれば、一気に80%以上になるので、あと1年以内で状況が一変することに期待!!

カテゴリー: 注目のキーワード, Web制作   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>